プロフィール

ともみ

Author:ともみ
能天気日本女の”とも”ことワタクシ、冷静沈着ポーランド男の”まーちん”こと私の旦那さん。

イギリス在住ながら日本とポーランドでの2つ結婚式を無事に終え、楽しく2人暮らし。

海外に住むこと、勉強すること、働くこと、家庭を築くこと。私なりの女としての、人としての素敵論をのほほんな結婚生活と共に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
日本人の私とポーランド人のまーちんが日・ポ・英3カ国(+ちょっとスイス)跨ぎ、2年かけて準備した2つの結婚式。英語を話さない2家族を巻き込んだ結婚式とその後の2人は。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
逆チョコねー
今年のバレンタインのメインテーマは
『逆チョコ』みたいですね。


今まで『自分へのご褒美チョコ』『友達どうしで交換
チョコ』みたいな感じで自らも「チョコ食べたい^^」
欲求をどうにかこうにか理由をつけて満たして来た
世の女の子達がついに自分で買わないで、「大切
な彼女なら、プレゼントしてね!^^」攻撃にでる

のに企業が目をつけたなー^^;と言うのが私の印象
ですが、日本で見てるとどうですか?



もうよく知られているように、日本以外ではバレン
タインは恋人達がロマンチックに過ごす日なんです
が、私は結構日本流バレンタインが好きなんです
よね。彼とラブラブする日なんて、もう沢山ある
じゃないですか?
結婚前なら付き合い出した記念
日なり、既婚者なら結婚記念日なり、そしてバレン
タインの2ヶ月前にはクリスマス!日本ではクリス
マスだって、恋人と”ロマンチックに”が主流ですも
ん。だから、この”女の子が思いを寄せる彼にアタッ
クできる言い訳+後押し”になるバレンタインのスロ
ーガンは一風変わっていて、なかなかよいと思って
いたのですよ。そんな行事ってこの日しかないです
もん^^


それを、男もプレゼントを!なんてしちゃったら、これ
は先が見えますよー。だいたい、平等に機会を与え
られた場合、カップル内では『男が率先してする!』
が暗黙の了解
。プロポーズでもクリスマスディナーでも、
やっぱり彼が計画してくれていると嬉しい!が本音
じゃないですか。だから男子禁制だった日本のバレン
タインに男が投入された場合、バレンタインが『男に
祝ってもらえない女はちょっと格下』
って印象が
できてしまったら、なんかそれって悲しいなー。せっ
かくのワクワクイベントが“普通”になってしまう気が
するわ^^





と言う訳で、私は逆チョコ反対派^^そしてそれより
も、バレンタインデー&ホワイトデーの公式が破ら
れた今年、企業が3月にどんなスローガンで手を
打って来るのか
が、実は一番楽しみな私であり
ます。絶対、新企画練ってるよね^^

さー、あと一ヶ月、お手並み拝見!^^






古風に告白計画実行中の乙女の皆さん、成功を
祈ります!がんばって行って来てねー!





人気ブログランキングへ←ちなみに
私とまーちんははバレンタインはかなりスルー^^;
でも小さい頃はお父さんのもらってくる義理チョコを
母や妹と楽しみに待ってたなー^^

スポンサーサイト
【2009/02/08 10:18】 | 私のセクシー論 | コメント(0)
<<最終回。日本披露宴 小物編7:引き出物 | ホーム | 日本披露宴 小物編7:和装花飾りのその後>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。