プロフィール

ともみ

Author:ともみ
能天気日本女の”とも”ことワタクシ、冷静沈着ポーランド男の”まーちん”こと私の旦那さん。

イギリス在住ながら日本とポーランドでの2つ結婚式を無事に終え、楽しく2人暮らし。

海外に住むこと、勉強すること、働くこと、家庭を築くこと。私なりの女としての、人としての素敵論をのほほんな結婚生活と共に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
日本人の私とポーランド人のまーちんが日・ポ・英3カ国(+ちょっとスイス)跨ぎ、2年かけて準備した2つの結婚式。英語を話さない2家族を巻き込んだ結婚式とその後の2人は。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
科学者の見る非科学的現象
先日、4年以上前にここイギリスで出会った日本
人のHさんが用事のついでに寄って下さり、久し
振りにお話しする事ができました。

彼は私のしている学問とは全く違った分野を専攻
されていて、現在は『その土地に根付いて築かれ
た土着の都市づくりと押し寄せるグローバル化』
のテーマを他方に渡る視点から研究されてして、
その中の一つとして、科学者としての私の意見を
聞きたいと言って時間を作って会いに来て下さい
ました。




同じ学問をしている人間と言うのは共有している
基盤の知識と言う物があり、考え方もやはり似て
いますが、他の分野の方に科学の話をするのは
全く違ったテクニックが要り、また思いもしない
視点からの質問が入るので、とても面白く、新し
く気づかされる事も沢山あり、私は大好きです。




今回、彼の他方に渡る興味も含めたお話しの中
で出て来たのは、感動と言う物の科学的な説明、
前世などを含めた輪廻転生についての意見、以前
話題になった「利己的な遺伝子」と人間の社会
について
など。普段、私達が考えている研究対象
はもの凄く局部的な科学なので、こうやって外か
ら全体を見て意見するのはとっても新鮮。






私達は人を含めた生き物の体がどう機能している
のか詳しく調べている訳で、物質的に説明できな
い輪廻天性などには学問的には「否」と言う結論
を出す事になる。

私は全ての感情、記憶などの物が物質的に説明
できる
と思っている。(研究者達はこの説明の為
に毎日働いているし、事実、続々とその説明の
断片は発掘されている。)


私達の体は、父親と母親の中にインプットされた
情報の半分ずつを受け取り、その情報に従って
設計されている。だから直接的にその情報の受け
渡しができるのは両親のみ。さらに体の設計図は
その個体の体の機能を授与する事はできるけれ
ど、その生産物である記憶や経験は子孫に受け
渡す事はできない
。だから時間的・空間的な
隔たりを経て、ある個体の精神や記憶が別の個体
に宿る事は理論的にあり得ないのです。







それでも、私はそう言う精神的な物も問題なく
受け入れています
。霊感のある人はいると思うし、
それ以前に霊・前世などの非科学的な物も存在し
うるだろうと考えています。人の体など、結局は
非常に精密に設計された部品でできた機械。その
設計図を解明したからと言って、その機能と産物
は大まかに予想できても、完全には分からないで
しょう。つまり楽器を理解していても、音楽を把
握している訳ではないと言う事と同じです。

だから、遅ればせながら、江原さんに今とっても
興味があるのです、私^^




「科学的に不可能」と言う自分と、「説明がで
きなくても存在を受け入れる」と言う自分が特
に問題なく共存できる
のは人の面白い所だなー
と思うのです。





私は宗教的な信念はほとんど持っていませんが、
優秀な科学者だからと言って、宗教的な考えを
受け入れられないと言う話は殆ど聞きません。
事実、生命の起源、進化論などを認識しつつ、
全能の神に寄る創造を基盤に持つ宗教を受け入
れている敬虔な宗教者はこの世界には沢山いま
す。

解き明かせば、解き明かすほどため息が出てし
まう程巧妙に、美しく確立された生き物の仕組
みを知る者
だからこそ、これを作り出せるのは
奇跡だと言う思いに立ち戻るのかもしれません。
そう考えれば、一見対立する理論が科学者の中
に共存できるのは至極当然の結果とも言えます
が。





感覚で生きているくせに理屈っぽい私はこう
言う話題が大好物^^Hさん、有意義な時間を
ありがとう。また近くにいらっしゃる時は連絡
くださいね。





人気ブログランキングへ<ー所詮
人間ですから^^
今日も応援1クリックよろしくお願いします^^
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/06/09 11:33】 | 私とキャリア | コメント(0)
<<日本披露宴レポート6:受付&プレパーティー開始 | ホーム | 植物と私>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。