プロフィール

ともみ

Author:ともみ
能天気日本女の”とも”ことワタクシ、冷静沈着ポーランド男の”まーちん”こと私の旦那さん。

イギリス在住ながら日本とポーランドでの2つ結婚式を無事に終え、楽しく2人暮らし。

海外に住むこと、勉強すること、働くこと、家庭を築くこと。私なりの女としての、人としての素敵論をのほほんな結婚生活と共に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

09 | 2008/10 | 11
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
日本人の私とポーランド人のまーちんが日・ポ・英3カ国(+ちょっとスイス)跨ぎ、2年かけて準備した2つの結婚式。英語を話さない2家族を巻き込んだ結婚式とその後の2人は。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日本披露宴レポート22:こうして幕を閉じた。
ゲストがほとんど全員新婦側と言う事もあり、通常とは
違う形でいろいろな挨拶を私メインで行わせて頂いた
披露宴でしたが、最後は新郎父より挨拶をして頂きまし
た。



もちろん、ポーランド語でね^^





ポーランド語を理解できる人がいるはずないので、例え

『いっぽんでーーーも にんじん!』
とか
『隣の客は よく柿食う 客だ』
とか言ってても

全く問題ないにも関わらず、まーちんパパ、大緊張でした^^
(やっぱりまーちんは父親似か。。。)

Picture7_convert_20080911193815.jpg

まーちんママの方がよく暗記していて、隣でめっちゃ
サポートしてた^^








スピーチの内容は事前に私とマーチンで日本語に翻訳して
おき、新郎父の挨拶の後、うちの父から日本語でその内容
をゲストに伝えてもらいました
。それに続き、新婦父
からもゲストの皆さんにご挨拶。


Picture8_convert_20080911193837.jpg



そして最後はついにやばい
まーちんの長文スピーチ!!!(日本語)
Picture9_convert_20080911193916.jpg


そう、これですわ。控え室でシスツーの鬼コーチのもと
チミチミ練習してたのは。




ま、私は横で一緒に読んでた様な物なので(やっぱりうち
の夫婦のポジション関係は半分はまーちんの両親夫婦と
おなじなんだよねー)、なんて言っているか分かりました
が、ゲストはかなりのリスニング力を持った人しか分かん
なかっただろうね^^ぷぷぷ。





でも、よくがんばったわ、まーちん!
















次回はもっとがんばるのよ!!!!

(いつだよ、次回って。。。)












さ、ともかく、これで進行表上の全てが終わりました。




両親達はスタッフの方が席へ先導して行ってくれます。





「あー、何とか全て順調にいって、ハプニングも無く
楽しい時間を皆と過ごせてよかったー^^これで
退場して終わりだなー」と思っていた、その時。




司会者Ayumiさんの声と共に、プランナーTねえが私達
のところへ近づいて来ました。


「プランナーが秘密で用意した、
プレゼントがあります」





Picture10_convert_20080911194150.jpg

Tねえが私に手紙を手渡して、また会場の隅に去って行った
あと、Ayumiさんがその手紙の内容を代読してくれました。



頭を上げて、周りを見渡してみてください。
ここにいる全ての皆さんが御2人の応援団です。



その言葉に頭を上げてそこにいる大好きな親友、恩師、
親戚に家族達、さらにいつの間にか会場に大集合してく
れたエルダンジュの全てのスタッフ達の笑顔を見た瞬間、
壁にある扉が開き、スライドショーに使った大画面が
また現れました。









それはTネエが他の業務の間、仕事の後、他のスタッフも
巻き込んで、何時間もかけて自分で作ってくれた素敵な
プレゼントでした。


*詳しい内容はTネエの迷惑になる可能性があるので後日、
限定記事に書きます。

(限定記事については、こちらをお読み下さい)








Picture13_convert_20080911194247.jpg



そのプレゼントを見ながら、「本当にスタッフの皆にまで
最高の贈り物を頂いたなー。彼らの見積もり上の値段に
ならない”気持ち”がこのパーティーを作ってくれてる
なー」
と感謝の気持ちでいっぱいでした。









その最後に流れたのは、私達の姿とプロフィールに使った
お互いへのメッセージ。




まーちんがこっちを見て笑っている顔。その横に書かれた

『あいしてるよ。
君は間違いなく、僕のもう片方の半分だからね』



と言う言葉。







そしてBGMに使われていたと『Lovin' life』言う曲の

『もうひとりじゃない。
映る景色、全てに君がいて』


と言う言葉がその笑顔に被さるんです。



(後半が好きです。うまく流れない時は画像とクリックすると
別ウィンドーで開くのでその方がスムーズかもしれません)






そう、その景色の中にあなたがいるだけで、どれだけ
幸せな気持ちになれるんだろう。




このプレゼントを、私はスイスにいた時、何回見た
だろう。。。

終わりにする決心をするまでの、あの期間を支えて
くれた、本当に大切な贈り物になったんだよ。
Tネエ。

ありがとね^^






*************************



さー、これで本当にパーティーのお開き。




私達は名古屋で式をしたりしなかったので、サービス
でつけてもらったフラワーシャワーは退場時に使わせて
もらいました。

Picture14.jpg

ここにもちゃんとハートが忍ばせてあったんですよ^^
みんな、気づいたかなー。

Picture15.jpg

ひとりひとり顔を見ながら、会場を回り、私達の退場
です。

Picture16.jpg

まーちんの頭にはほとんどかかってなかったけどね。
ふふふ。



Picture17.jpg

2年近くも私達の面倒をみてくれたTネエの万歳!^^

そしてドアが閉まるこの一瞬をとらえた君は偉いよ、
うぶちゃん!








*************************










先輩夫婦の奥さんが以前、
『結婚って、いいものですよ。』と言っていました。

そう、迷いなく言える2人はとても素敵だなーと心から
思いました。



私達の2つの結婚式は、とても幸せな日でした。そして
その後の続いている結婚生活は、更に素敵な日々です。
これから家族を築き、もっともっと素敵な毎日になって
いくと確信しています。それはふわふわした希望では
なく歩いて行けるという気持ち。







長々と私のレポートに付き合ってくださったみなさん
本当にありがとう。いつまで結婚式してるんだ。。って
お恥ずかしいのですが、集まってくれた大切な皆さんの
気持ち、手伝ってくれたスタッフの気持ち、支えてくれ
た家族の気持ち、そして伝えたかった私達の気持ちを
ここに残しておきたかったので、少しずつ綴ってきま
した。


本編レポートは今回で終わりますが、番外編で小道具
たちの紹介を少しだけするつもりです。







夢見るのではなく、そこにある現実に
   どっぷりつかっても、
それでも幸せだと思える日々に、感謝。





この毎日をくれたすべての人達に、
心から、ありがとう。



ともみ





Picture18_convert_20080911194416.jpg


人気ブログランキングへ←読んでくれて
ほんとにありがと!
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/10/09 16:32】 | 日本披露宴レポート | コメント(8)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。