プロフィール

ともみ

Author:ともみ
能天気日本女の”とも”ことワタクシ、冷静沈着ポーランド男の”まーちん”こと私の旦那さん。

イギリス在住ながら日本とポーランドでの2つ結婚式を無事に終え、楽しく2人暮らし。

海外に住むこと、勉強すること、働くこと、家庭を築くこと。私なりの女としての、人としての素敵論をのほほんな結婚生活と共に。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
日本人の私とポーランド人のまーちんが日・ポ・英3カ国(+ちょっとスイス)跨ぎ、2年かけて準備した2つの結婚式。英語を話さない2家族を巻き込んだ結婚式とその後の2人は。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日本披露宴レポート21:一番大切なBGM
花束贈呈時に流していただいた曲は、自分で選んだ
BGMの中でもとても思い入れのある曲でした。





『ポカポカ地球家族』と言う番組のテーマで使われて
いた、沖縄出身の女性デュオ、”やなわらばー”の
『空をこえて、海をこえて』
と言う曲です。






この曲を初めて聞いたとき、私は本当に呆然として
しまって涙がどっと溢れて来たのを覚えています。
今でもこの曲のサビを聞くと胸が締め付けられる様な
切なさと温かさが心の底から湧いて来ます。このサビ
は私が私である意味を思い出させてくれる、そんな
大切な歌なんです。



*************************

空をこえて 海をこえて 

遠いこの街へ 来たのは

大事な夢とアナタのため 

自分をなくさないで 歩いてゆこう





空をこえて 海をこえて 

この場所で頑張ってゆこう

転んでもいい より道でもいい 

どんな事にも負けないで 歩いてゆこう





空をこえて 海をこえて 

叶えたい 大切なもの

大事な夢とアナタのため 

自分をなくさないで 歩いてゆこう


***********************



これが私がいつも心に思っている事ととても
重なっています。





私がイギリスにいるのは仕事の為だけでも無く、
愛する人の為だけでもない。自分の大事な夢と
アナタの両方の為に、気がつけば生まれ育った
場所を離れて暮らしている今。

何も褒められるような事はしていないけど、自分
で選んだ事だから、その事実を淡々と受け止め
精一杯の努力をして生きていきたい。










前回書いた花嫁の手紙は、両親から遠くに来て
しまった自分とこの歌の詩を思いながら書きま
した。






でも、この気持ちって国際結婚だけじゃない。
初めて親から離れて大学に通い出した人、結婚
して慣れない場所へ引っ越しして来た人、きっと
沢山の人達が大切なふるさとをこんな思いで想い
ながら、それでも今を前向きに、一生懸命に生き
ているんじゃないかな。



そんな沢山のみんなへの応援歌の様な気がします。





サビの部分だけでも聞いてみてください。



『空をこえて 海をこえて』

こちらはライブ映像。少しぶれてますがどちらかと言うと
こちらの声の方が私は好きです。





こちらがCDに収録されている物です。








人気ブログランキングへ←あなたは今、
何のために、どこでがんばっていますか?

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/09/30 19:36】 | 日本披露宴レポート | コメント(4)
日本披露宴レポート20:花嫁の手紙
宝石箱の様なデザートブッフェを新郎新婦共々楽しんだ
後、残るは


ですよ。バツではないです。しめよ。しめしめ。ぷぷ。。








下座に並べられた両親達^^


Picture1_convert_20080911193452.jpg



私はスイスに1人でいた時に下書きをして、見なく
ても読める様に何度も何度も繰り返し読んだ両親
への気持ちを伝えました。


一部名前を伏せましたが、ここに記しておきたいと
思います。長いので、興味の無い人は次の写真まで
ワープしてください^^
Picture2_convert_20080911193603.jpg





人生の中には鍵になる瞬間ってのがいくつかあるもの
です。私の今までの人生の中でそんな瞬間があったと
したら、一つ目はXX大学への交換留学の審査に通った
時、そしてもう一つはその留学期間の最後に受けた
XX大学の大学院への奨学金の審査に合格した時だと
思います。



アジア人の学生として応募できる奨学金は本当に少な
くて、競争率も高かったので、合格できた時は本当に
嬉しくて、すぐにお父さん達に電話したよね。



お母さんは、10ヶ月の留学期間とは違って、私が
4年間イギリスの大学院へ行くって言う事が何を
意味するのか分かっていたんだと思う。きっと、
私は向こうに自分の世界を作ってもう家へは戻って
来ないだろうってどこかで分かってたんだよね?
言葉少なで、喜んであげたい気持ちと、淋しい気持ち
が混ざってるのがよく分かったよ。反対に、反対さ
れると思ってたお父さんは、すぐにおめでとう!
すごいね!って喜んでくれて、嬉しかった。




英語力にも自信が無くて、毎日が勉強の日々だった
けど、イギリスでの大学院生活は私は本当に沢山の
人に出会い、沢山の事を学びました。


でも、そこで得た一番の宝物は間違いなくマーチン
です。



こんな素晴らしい人間に出会えた事は私の人生で起こ
った一番ラッキーな出来事だと思う。そしてその人が
私の事を本当に大切だと思ってくれた事は本当に奇跡
のようで、信じられない位幸せです。




私達はお父さんやお母さんから遠くはなれた所で暮ら
していて、そばにいて助けてあげられないし、淋しい
思いもさせてしまってごめんね。でも私は、自分の夢
と大切なこの人の為に、一生懸命頑張るから。心配
しないでね。



お父さんとお母さんが作ってくれた私の基盤が、今の
私を支えています。
お父さんとお母さんのお陰で、
私はどんな事でも頑張れる人になれたから。本当に、
本当にありがとう。



これからは、家族が増えるね。家族が減るんじゃなくて、
新しい家族が増えるね。いつまでも皆で仲良くしようね。




最後にマーチンのお父さん、お母さんにも一言、感謝を
伝えさせてください。



*********************
お父さん、お母さん、日本まで来てくれてありが
とう。私の国を好きになってくれたなら、とても
嬉しいです。これからは私達は1つの家族ですね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

(ここは、ポーランド語で伝えました)
*********************

本当にありがとう。






Picture3_convert_20080911193628.jpg


当時を思い出して書いてた時にも泣けたのに、
本人達を前に読んでて泣けない訳が無い^^;


まーちんはちゃんとハンカチを渡してくれまし
た。いや、ちり紙だったかも^^でも使い古し
じゃなかったよ。使い古しだった過去はこちら




花束はまーちんママに黄色+オレンジ系で、私の
母にピンク+紫系で作ってもらって、両父には
同じ花でブーケニアを。

それぞれ、洋服や髪の色、着物の柄に花束の色が
良く合ってたなーと今になって思う。

直前まで(ってのは花嫁の手紙の直前までってこと
だよ)どっちの色をどっちに渡そうか決めかねて
いて、プランナーTねえに「やっぱ黄色をまーちん
に!!!」と激しく交信しておりましたから^^


Picture4_convert_20080911193653.jpg


この時も、まーちんは自分が到着次第、私の事など
お構い無しで花束贈呈を開始。空気を読もうという
努力さえ見られない。「お前、ちょっとは待てよ!」
と思いながら背後を通過する花嫁。


Picture5_convert_20080911195155.jpg

ほらね、まーちん時間余ってるもん。

Picture6_convert_20080911193748.jpg


最後に残るは新郎新婦の父+まーちんからの
挨拶 プラスα です。


人気ブログランキングへ←当日レポートはあと
2回くらいかなー。

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/09/29 16:31】 | 日本披露宴レポート | コメント(2)
そう、私は正義の味方。。。
『正義の味方』と言うドラマがあったみたいですね。

どうやら、悪気でいっぱいなのになぜか結果的に人助け
になってしまう行動ばかりの姉と、その悪魔の様な姉に
翻弄される健気な妹の話
のようですが、、、(見てない
ので細かい間違いは勘弁を)

正義の味方









うちの母と妹が、


















「あんた(おねえちゃん)に
 性格そっくりなんだよねー」



















なんて失礼な事を言って来るんですが。

























こんな天使みたいな姉を捕まえて





悪魔の様な姉






とはなんて罰当たりな!(ばちあたり???)





これは聞き捨てならないので、早速、言い放ちましたわ。


「はー?私、そんな悪魔的な事はしてないでしょー!?
まー、100歩譲って、恋愛関係ではそう言われた事が
ないとは言わないけど


日常生活では私はちゃんと、そこそこ、まーまー、善人と
して生きてるわよ!


それに私、狙った相手には自分を飾ったりせずに、
真っ裸でぶつかってくし(それはそれで問題だが、、、)



それにだいたい!あんた達(妹達)!














自分ら、
健気なタイプじゃない
ジャーーーーン!!!!













が、







母:「でもシスツーが



あんたが大学の時のデートの
お弁当を作らされた
って



言ってたよ」



















。。。。。。。

























あ、そんなこと



あったかも。。。ぷぷ(<ー覚えてもいない。。)












そうそう、たぶんあの時。

当時、歴代ナンバー2に尊敬できる良い彼氏だった
(もちろんナンバ-1はまーちんだけどね、上位2人
は他をかなり引き離してるんだよ)その彼氏と海に
行く事になったんだ!







これがさー、また笑えるんだけど。その時、

その彼氏その彼氏の大親友(男)

で行ったんだよね、海へ。









これ見るとさ、



「おーい、その無粋な彼氏親友(男)、デートの邪魔
かよー!気ー使えよー!」




って思うじゃん???












ちゃうんだわ。ふふふ
















この計画、この2人が立ててたのに


私がおまけで割り込んで入れてもらったの^^

ぷぷぷ























お邪魔ムシは、






私ジャーーーーーン!!!!?????
















とにかく、私が料理の上手なシスツーに

自分のデートのお弁当を作らせた

のは事実だと思います^^





















これからは私の事、

『正義の味方』
と呼んで良いよ?
(え?悪魔じゃなくて????)





人気ブログランキングへ←でも、私、
99%その事を、彼氏に報告していたと思う^^
真っ裸女ですから、私。。。

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/09/24 11:33】 | のほほん家族 | コメント(12)
写真とこれからの予定
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
【2008/09/20 18:20】 | 日本披露宴レポート
日本披露宴レポート19:必殺仕事人ビジュアル系カメラマン
今日の主役はうぶちゃんです!


GetAttachment_convert_20080917195015.jpg

彼もキャラ濃いよー!
彼は言わずと知れたビジュアル系フォトグラファー


まずね、名前(本名)がシャレにならないくらい完璧
にキマっているんだよ!




このまま芸能界OKでーす!

ホストでもぜんぜんOKでーーーーす!!!


って感じ。



しかも、この人、ほんとにホストっぽく見えるんだなー。
このキャラにこの名前!素敵過ぎる。。。そういう星の
下に生まれてきたとしか思えない。。。

そして期待を裏切らず、スーツは細身でバシっと
決まってる。髪形もナウい(←クラシックな魅力あふ
れる私だけあって、語彙のチョイスがクラシカル)。
この人ね、普通にジャケットの襟にキラっとおしゃれな
ピンバッチが付いてるから。これをあれだけさらっと
着けこなせるホストはなかなかいないよ!!
(だから
ホストじゃないって。。)







ある日、打ち合わせに来てた私が、たまたま会場で
何かチェックしてたうぶちゃんにであったのさ。

相手がうぶちゃんだと言うのとすっかり忘れて普通に
「うぶちゃーん、今日もがんばってるねー!」って
言ったら、


さわやかーーーに














「いやー、ともちゃん、今日も綺麗だねー^^」




と返ってくるんだよ!!!!お客さん!!!!
いや、
私、出口でお金取られる
かと思ったわ!



さすが、うぶちゃん、プロだね(だから何の???)

しかも言い方がキザじゃないのがやっぱりミソじゃ
ないかと思うんだよね。やっぱりどんな世界も
トップはそれっぽくなくさり気ないんだよね。うんうん。

(なんの世界の話をしてるだ、私は。。。)










そんなうぶちゃんのかっこ良さの他に、私が彼
に一目も二目も置いているのは、このキャラで
彼がものすごく硬派なこと


ホラ出た!硬派キャラ好きの私には珍しく、ビジュアル系
を熱く語ってると思ったでしょ??そう、うぶちゃんからは
硬派の空気が出ているんです。






見た目もナウいし、カッコいい事さらっと言うし、そんな
やつは軽そうなキャラにきまってる!って思うでしょ?



全然そんな事ないんだよ。

ノリはいいけどペラペラしゃべる方じゃなくて結構
静かなの。なんていうの?竹野内系の落ち着きと
いうか渋さがあるんだよ。これは意表を突いてて
ポイント高いでしょ?




(いや、知らないわよ。プライベートでどれだけの
女を泣かせてきたかわ。。。ふふふ)







ま、プライベートは置いておいて、
仕事への熱意は半端じゃないし、彼の撮る写真
本当に本当に暖かい!!


エルダンジュでの提携カメラマンの中から彼を
選んだのは実は私じゃないんだよね^^まず、
彼の写真の大ファンなのはプランナーTネエ。
そしてその写真を実際に見に行ったうちの母
とシスツーも彼の作る写真の世界を大絶賛!
(この秋結婚するシスツーの式も彼にお願い
したくらい、気に入ってました^^)


写真の腕に加えて、私達へのメールでのプレ
ゼンもすごく迅速に熱意を持ってやってくれて、
もーこれは迷う要素がなかったです^^
































さ、

これだけ持ち上げておけばいいでしょ^^
(←おい!)





こんな素敵なうぶちゃんの当日の仕事ぶりは
このレポートに使われた大量の写真を見て頂け
れば一目瞭然でしょう^^


Picture2_20080916043958.jpg


あの忙しいスケジュールの中、私達はもちろん
ゲストや家族の一瞬の表情をカメラに収めつつ、
私がお願いしていた撮影ポイントをきっちり全て
おさえてくれていた
のには、本当に感心しました。

料理の中のハート、装花にキャンドル、後姿、
手作りした小物や指輪など、本当にしっかり
チェックしていてくれて嬉しかった^^





披露宴が終わったあと、手際よく撮影してくれた
ドレスでのロケーション写真の数々です。

Picture3_20080916044001.jpg

Picture4_convert_20080916043514.jpg

Picture5_convert_20080916043537.jpg

Picture6_20080916044013.jpg

Picture9_convert_20080916045627.jpg

Picture20_convert_20080916045605.jpg

Picture11_convert_20080916045356.jpg

*************************

まーちんに敬意を払おうとして、呼び方を迷った挙げ句、























ちん様!




と言い放った素敵なうぶちゃん。
11月に帰国する時にまた会えるのがメチャメチャ
楽しみです!






人気ブログランキングへ←うぶちゃんのファンになりそうな
あなたも、そうでないあなたも、ここはひとつ押しといて。

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/09/18 19:43】 | 日本披露宴レポート | コメント(4)
日本披露宴レポート18:デザートの時間
さあ、披露宴も終盤に差し掛かり、デザートの時間
です^^


オリジナルケーキのオーダーが高かったので、私達
はウェディングケーキは無しで、こちらのデザートビュ
ッフェにお金をかけました。

だって、私もいろんなデザートを食べたかったんだ
もーん!!^^ブッフェらぶ


Picture7_convert_20080906002419.jpg

ブライダルフェアの時に、エルダンジュではこの
デザートブッフェと同じものを試食させてもらって
いて、洋菓子はとってもおいしい事を確認済み
だったので、そこになかった私の好物をオーダー
して入れてもらいました。






それこそは、






















杏仁豆腐と
   マンゴープリン!
(←中華かよ!!!)

















いや、分かってますよ!エルダンジュは素敵なフレンチ
レストランよ。でも1500円中華ブッフェの杏仁豆腐、
マンゴープリン
じゃなくて、パテシエの作った杏仁豆腐、
マンゴープリン
が食べたかったのよー!(お前がか!!)





皆様、お分かりになりますでしょうか^^上の写真、下段
の中央に見えますのは、杏仁豆腐でございます。そして
その左横の写真、右下に見えておりますのが、マンゴー
プリンでございますー^^









皆さんが思い思いに好きなデザートを選んでいる間に
私達はまたゲストとお話。


パテシエさん達がバナーで焼き目をつけたり、ゼリーに
かけるノンアルコールカクテルをシェイクしてくれたり、
それぞれのデザートもサーブしてくれます^^
Picture8_convert_20080906002452.jpg
そして列の最後に並んでしーっかり新郎新婦もデザート
ゲット!!!ブッフェさいこー!



Picture9_convert_20080906002527.jpg
最前席のまーちん一家はゲストに大人気。私らムシで
記念撮影のお願いが押しおせてました^^




またまた登場、親戚のお姉ちゃんの子供ちゃんたち。
小さい子がいるだけで、なんだか空気が和むもんです
よね。来てくれてほんとによかった^^
Picture10_convert_20080906002555.jpg

デザートと共にコーヒー、紅茶もサーブされ、小さなハート
のたくさん散りばめられたフルコースも終わりです。





さー、宴の〆に入りますか^^
おっと、その前に、、、次回のレポートは愛するカメラマン
うぶちゃんについてを!


人気ブログランキングへ←うぶちゃんはビジュアル系
カメラマン。。。


テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/09/15 17:01】 | 日本披露宴レポート | コメント(6)
遅くなりましたが、、、キテマス
妹に「これを歌えなきゃ日本人じゃない」宣言を
された為、かなり遅ればせながらこの夏日本で熱
かったらしいぽにょの歌とやらをYoutube
で聞いてみた。






















うん、これはハマるね。。。









最初はこんな「みんなの歌」的な歌をジブリが
使ってるのかー。くらいにしか思わなかったの
に、何度も聞いてしまいその後は自分で歌い
続ける。。。





ここ何日か、職場でもそこここでこっそりぼにょ
を歌う日々
だったのだけど、ここへきて病状が
悪化してきた。



















振りもつけたい衝動を
抑えられない。。。
ふふ。

IMG_1920.jpgIMG_1921.jpg



さすがに職場で踊るのも不謹慎かと思い、誰も
いない瞬間を見計らっては振りも着けて歌う
(28歳、既婚子なし)













しかし、人生そんなに甘くはないのだ。










ついに昨日、廊下で左右の確認もせずに振り付き
をやってしまった。前方を見ると、同僚、こっちに
向かって歩いてますがな!!!!!




幸い、まだ最初の「ぽーにょ ぽにょ ぽにょ」で
両手パクパクさせてたところだったので、
smile.jpg
(そう、ちょうどこんな感じ。口もぽにょぽにょしていた
と思われる。)


さり気なく指の体操をしてみたり、手のひらの筋の
確認をしているフリをしてみたり
して、その場は逃れ
た。その後は腕を振り回す気満々だったので、そこを
目撃されなかったのは不幸中の幸いか。。。









これ以上、病状が進むと、日常生活に支障を
きたすな。。。












人気ブログランキングへ←もちろん、まーちんも
強制的に歌わされる。音痴なまーちんが奇跡的に
第一フレーズ、「さかなのこー」までマスターした!


テーマ:家庭と仕事 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/09/12 17:05】 | のほほん結婚論 | コメント(12)
どこにでもドラマはある。
久し振りに興味深い記事を読んだ。
忘れない様にここに書き留めておきたい。
























◎毎日新聞が敗訴=植草被告の名誉棄損訴訟-東京地裁
2008年09月08日16時42分 / 提供:時事通信社


「セクハラ癖は業界では有名」との週刊誌「サンデー
毎日」の記事で名誉を傷つけられたとして、エコノミ
ストの植草一秀被告(47)=二審で実刑、上告中=
が発行元の毎日新聞社に1100万円の損害賠償を求
めた訴訟の判決で、東京地裁は8日、33万円の支払
いを命じた。



大段亨裁判長は「セクハラ癖がある
のは真実と認められるが、
『業界では有名』という部分
は真実の立証がない」
とした。 




















焦点はそこなんだ。
大段亨裁判長、ファンになりそうです。


追伸:カテゴリはあえて『私のセクシー論』にさせて頂いた。











人気ブログランキングへ←あなたにもドラマはある。


テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

【2008/09/09 22:11】 | 私のセクシー論 | コメント(0)
お知らせ
いつもいつも、長々と未だに続いている私達の
結婚式レポートを見に来てくださっている皆さん、
本当にありがとうございます。




レポートも残りわずかになってきましたが、当日
の様子の後に、各小物の特集をしたいと思って
いて、そこに個人情報を伏せるのが難しい画像、
映像、内容が入ってくる可能性があります。その為、
申し訳ありませんが限定公開にさせて頂く記事が
出て来る予定です。



もし、限定記事を観覧希望の方がいらっしゃいまし
たら、下のメールアドレスまで一報頂きたく思いま
す。






tomotomarcin*hotmail.com

(送信時は*を@に変えてください。
アドバイスくれたkojisatoさん、ありがとう!)




なお、勝手ながら公開は、個人的な知り合い、直接お
会いしたり、メールをさせて頂いている方、リンクを
貼らせて頂いている方(以前のブログを含む)のみに
限らせて頂こうと思います。



限定公開も期間限定になると思うので、観覧希望は
早めにお知らせ下さい。



2年以上ブログを続けられてきたのも、皆さんのお陰
です。見に来てくださる方、コメントを下さる方、本当
にありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願いします。




ともみ
【2008/09/07 22:17】 | 未分類 | コメント(4)
日本披露宴レポート17:花嫁の過去を知る人々
ゲストの皆さんにもゆっくりとメイン料理を味わって
頂いたところで、AYUMIさんの協力の下、お次は



時代別(←私の^^)、
ゆかりの皆さんに聞いてみよー!
  コーナー!
(ネーミング、ダサ!)





いわゆるテーブルスピーチを各時代にお世話になった
皆さんにその頃の思い出を交えて質問形式で言葉を
頂きました^^



いきなりスピーチでは、時間も短く、在り来たりの挨拶
で終わってしまうし、皆さんの負担を大きくしたくなか
ったので、AYUMIさんからの質問に答える形
にしてもらいました。



もちろん、ゲストの皆さんだけに押し付けはしません
よー^^私もしっかりマイクを持ち、AYUMIさんから
フラれればいつでもコメント返します!!


AYUMIさんには事前に各メンバーの情報や私との
思い出なども伝えてあるので、タイミング良く質問を
入れて話を膨らませてくれます。後半はほとんど、
AYUMIさんを挟んでの私たちのやり取り。いやー、
楽しいなー^^ゲストと話せるのはほんとに楽しいわー^^









ところで、
実はこの各時代にお世話になった代表者の皆さん、
2グループありまして。。。^^


第1グループ!
事前にお願い、内容説明済みの皆さん
(例:恩師、小学校からの女友達)


第2グループ!
その実力とキャラを理解しているからこそ、ぶっつけ
本番で存分に本領を発揮して頂きたい!!!皆さん

(例:親戚のお兄ちゃん、大学の男友達)






^^ふふふ
差別だ!なんて苦情は受け付けませんわよ^^




さーいってみよー!!!(←このノリは
     たけし城か何かなのだろうか。。。)


5336103.jpg


選ばれしチャレンジャー達よ!壁にぶち当たろうが、
泥沼に突っ込もうが、先を恐れず突っ走っておくれ!!!









トップバッターは、時をさかのぼる事、25年。と言う
か、生まれた時から、母の実家に行く度に妹達共々お世
話になってきた親戚のおにいちゃん!(と言ってももう
40代^^)

彼の本名は全く違うんだけど、高校時代に当時の志村
けんが不良コントでしていた並みに気合入れたリーゼン
トを毎朝仕上げていたらしいおにいちゃん。


こんな感じ??
75731304_1.jpg
新田玩具人形さんのかつらです。興味のある方はぜひ!

その髪型のせいで『けんちゃん(志村)』と呼ばれだし、
未だに私達姉妹には本名ではなく、けんちゃんと呼ばれ
続けている。


私たちが、まだまだ天使3姉妹と呼ばれ(誰に??)、
応接間のシャンデリアを壊したり(故意)、どぶで臭い
ザリガニを釣ったりしていた頃(あ、どっちも私ジャン?)
けんちゃんはしょっちゅう遊んでくれたんだもんねー^^


ぶつかっても、よじ登っても、ビクともせずに私達3
人まとめてさばいてましたねー^^さすが!



そんなけんちゃんには、私の美しき幼少時代の思い出を。

と言いつつ、、、けんちゃん、なんか思い出について
言ったっけ???



彼は第2グループのぶっつけ隊だったにも関わらず、
かなりハイレベルなスマートなスピーチをしてくれて、
さすが社会人長いと、場慣れしてるねー!と私は感心
しておりました。

Picture1_convert_20080906002151.jpg





そして2人目はちょっと予定変更でもう一人、けんちゃ
んと一緒に私達をいつも相手してくれてた親戚のおねえちゃん


彼女はちびっこ連れで来てくれていたので、一言もら
える状況か分からないので(下の子まだ2歳になって
ないから)、一応聞けそうなら、と言う事でAYUMI
さんにお願いしてありました。でもちびちゃん達、
とってもいい子にしてくれてて、おねえちゃんも席に
着けていたので、お願いすることに。


そんな訳で、もらえるか分からなかったので、結果
ぶっつけ^^;



突然の指名にビックリしたのと、何か言おうとしたら、
今までの私が小さかった頃からのいろいろな思い出
が溢れてきたらしく、おねえちゃん言葉になりません


Picture2_convert_20080906002211.jpg

後で「何にも言えなくってごめんねー><」と謝って
くれたけど、感動して涙してくれてるおねえちゃん
は立派なスピーチ以上に多くを語っていたと思うなー。
私はすごく嬉しかったし感動したよー。

こんな時もAYUMIさんはしーーっかりフォローを
入れて助けてくれます。感動屋のAYUMIさん、
おねえちゃんと一緒に涙ぐんでたし^^

Picture6_convert_20080906002357.jpg




次は小・中学時代から、もう20年以上も
仲良くしている大親友


Picture3_convert_20080906002228.jpg

彼女は事前に了解をもらってました。




彼女、小学校時代から、ほんとに落ち着いてて、大人っ
ぽくって、今でもガキ臭い私とは正反対なのです。ほん
とに。すっごく性格も良くて、こんな私と友達でいて
くれてありがとう><!!!!と叫びたいくらいなん
ですわ。






前へ出て目立つのが好きなタイプじゃないのに、快く
スピーチのお願い聞いてくれてありがとねー!













さ、高校時代になりまして、次は私が最高に入り
浸っていた職員室で、さらにもっとも質問攻めに
あっていた数学担当の恩師です。
(私、ほんと数学苦手だったのよー^^;毎日毎日、
数学の先生方、本当にお疲れ様でした。私は楽しかっ
たです^^←オイ!)


先生には事前にお願いしてありました。


Picture4_convert_20080906002308.jpg

先生はいつも「おい、XX(私の苗字)、大学
受かったら、うちの息子の彼女になってくれんかー?」

と言っていて、先生はなかなかカッコいいので息子さん
もかっこいいんじゃなーい^^と踏み、「いいよー!」
と受け入れ態勢万端だったんですが、結局未だに顔も
見た事がない^^ふふふ。一度見てみたいわー。息子
さんも、まさかそんな所で自分の見合い話が進んでいた
とは思いもよらないでしょう^^ふふふ。















さー、最後は
我らがエース、S-ちゃんです!

もちろんぶっつけね!

Picture5_convert_20080906002327.jpg

彼はうちの大学の学部仲間のいじられ屋。ちょっと
ミスチルの桜井さんに似てていい男で、実際、高校
時代はサッカー部で結構モテたらしいけど、大学で
ちょっと太ってモテが落ちたらしい(本人談)。
なんかねー。この子は皆の末っ子みたいなポジション
で、かわいいんだよねー。ぷぷ。


大学の卒業研究もサボってばっかでろくに結果がなく
って、研究発表会で先輩の過去のデータを入れ過ぎて、
ひよっこ学部生が1年で出せるデータ以上の盛りだく
さんな内容になったため、水増しがかえってバレバレ^^
試験官の教授達に「で、君のデータはどこから
どこまで??」と質問された
と言う、伝説を持つ男。
笑える。。

(大学仲間、訂正大歓迎よ)



でもちゃっかり、大手に内定もらって今もがんばって
るんだよねー。えらいえらい。





そんな彼は
「XXさんは、僕と結婚しようって約束して
いたはずなんですが、背の高い素敵な旦那さんに持って
いかれてしまいましたねー」
とスピーチされていらっしゃいました。


もちろん、私も応戦いたしまして「S-ちゃんは、皆
にそう言って回っていたので、待ちきれませんでした!^^」

とお伝えしておきました。





次の日仕事なのに東京から(いや、違う、どっか
田舎のほうだ。。。)遠くから駆けつけてくれて、披露宴
が終わると共に急いで新幹線に向かってました。来てくれ
てありがと!!


*S-ちゃんからの後日談*
いや、スピーチ、
オレ、来るかなーって予感がしてたんだけどねー。
やっぱ来たかー!って感じだったわー。


貴方ほどおいしいキャラはいませんもの!^^





さー、続いてはおまちかね(←お前がな。。。)、
デザートの時間です!^^







人気ブログランキングへ←あと2-3回で終わるはず!
   最後までがんばって書くから応援してね!

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2008/09/05 15:31】 | 日本披露宴レポート | コメント(4)
ずっと一緒
少し前に面識のある夫婦の何組かの不倫や、その末の
別居話を立て続けに聞く事になった時期があって、
『何だかなー。。』と少し悲しい気持ちになっていた時に
一服の清涼剤となってくれた話があります。




それは話の流れでまーちんが彼の祖父母が亡くなら
れた時の事を私に話してくれていた時。





そのおじいちゃんとおばあちゃんは本当に仲の良い
夫婦だったらしく、まーちんが覚えている限り、いつも
『一緒に息を引き取れますように』とお祈りしていた
そうです。2人で一緒に生きて、この世をたつ時も
一緒がいい
、と。








彼らは仲良く長生きをしてどちらも80過ぎ、おじいさん
は90近くまで生きました。



















最初に亡くなったのはおばあさん、そしてその一週間
後におじいさんは亡くなった
んです。

どちらも人生をまっとうした老衰でした。









なんだか素敵な人生だなー。。。。


素直にそう思いました。








パートナーが死んだからって、自分も死ねとは思わ
ないし、相手に死んで欲しいとも全然思わないし、
子供が独立していなかったら一人になっても面倒
を見ていかなくちゃダメ。



そういう現実問題はおいておいて、でも、こんな風に
何十年もお互いをすごく必要として生きて、一緒に
生涯をとじた2人はきっとすごく幸せな夫婦だった
んだろうな
と純粋に思うんです。そんなに長い間
お互いを思いあって生きられる2人はすごく幸せな
人たちだなー、と。





そんな夫婦がいたと思うだけで、なんだか心が温かく
なります^^









結婚や人生の形は人それぞれで何がいいかなんて価値
観次第。でも、せっかく出会えて、結婚して一緒に生きて
いきたいと思えたパートナー。私は、つらい時期だって一緒
に耐えて、こんな風にこの人と最後の最後まで、甘さも
苦さもしっかり理解できるほど夫婦まっとうし、噛み締めて、
生涯を閉じられたらいいな
と願っています。



まーちんは私より5つ年上だから、神様、私を長生き
させて、まーちんは更に私より5年多く長生きさせて
ください^^





人気ブログランキングへ←クリックしてもらえると嬉しいです。


【2008/09/02 11:18】 | 未分類 | コメント(6)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。